しらかば動物病院

一頭ごとに違う体質と症状を把握する。
 症状毎に適した診察(問診,検査,触診)を行う。
  生活環境にあわせた、適切な治療を施す。

047-425-2148

047-425-2148

【火~土】 9:00~12:00 16:00~19:00【日・祝】 9:00~12:00

【休診日】月曜 【夜間救急】可能(条件あり)【千葉県船橋市】新船橋駅すぐ 駐車場完備

感染症の病気

ウイルス

猫がかかる感染症には危険なものがたくさんあり、体力のない子猫の場合、死亡率も高まります。どんな病気があるか、正しい知識を身につけましょう。

猫伝染性腹膜炎

感染猫の排泄物や、唾液・鼻水などの分泌物から感染。感染してもほとんどの猫は発症しませんが、いったん発症すると、多くは死に至ります。症状は、お腹に大量の腹水がたまる”ウェット”型が多いですが、中枢神経や目に異常をきたす”ドライ”型もあります。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

多くは、猫どうしの喧嘩の噛み傷から感染。初期には発熱、リンパ節の腫れが見られ、その後、長い無症状キャリア期を経て、”猫免疫不全症候群”と呼ばれる時期に入ります。口内炎、慢性の下痢など、抵抗力の低下が招く様々な症状が現れ、次第にやせ衰えて死に至ります。感染しても一生発症せず、”無症状キャリア”のままの猫もいます。

猫カリシウイルス感染症

飛沫感染、空気感染などで感染します。初期症状は、くしゃみ・鼻水・咳など、ウイルス性鼻気管炎と似ていますが、ひどい場合は口内炎や舌炎、肺炎を起こして、死に至ることもあります。

猫ウイルス性鼻気管炎

感染猫のくしゃみや咳による飛沫感染が主です。いわゆる”猫かぜ”と呼ばれる病気で、症状は、くしゃみ・鼻水・咳の他、口内炎や結膜炎などがあります。死亡率はそれほど高くないといわれています。

猫汎白血球減少症

感染猫の排泄物や、土中にいるウイルスから感染することもあります。高熱・嘔吐・激しい下痢を繰り返し、子猫の場合は、きわめて死亡率の高い恐ろしい病気です。

猫白血病ウイルス感染症

唾液中にウイルスが多く含まれ、グルーミングや喧嘩などで感染します。感染初期に、発熱や元気消失などの一過性の症状が認められますが、すぐに回復し、その後、数ヶ月から数年を経て再発症します。著しい免疫力の低下、貧血、白血病、腫瘍など、様々な病気を引き起こします。発症すると、多くは死に至ります。

クラミジア感染症

主に感染猫との接触でうつります。結膜炎が代表的な症状ですが、くしゃみ・鼻水・咳や肺炎を起こすこともあります。

重症化すると死亡することもあります。

しらかば動物病院

初 診 随時
   
再 診 随時
   
外科手術 精密検査の上、院内手術室にて院長執刀
   
電 話 047-425-2148047-425-2148
   
住 所 千葉県船橋市本町7-27-15(地図
   
院長
診 療 犬、猫、外科手術、入院、一般外来、予防接種、不妊手術、健康相談、定期検診、
  総合検診(ドッグ)、 ペットホテル、パピー教室・しつけ相談会、歯石除去、往診
   
健康保険 アニコム アイペット
   
年間来院数 約 4,500 組
   
しつけ教室 犬のしつけ専門インストラクター 及び 獣医師 監督
   
スタッフ 獣医師2名 / 獣看護師4名 / 犬のしつけ専門インストラクター
   
診 療 時 間 【火~土】 9:00~12:00 16:00~19:00 / 【 日・祝 】 9:00~12:00
  【 休診日 】月曜 / 【夜間救急】可能(条件あり)
   
駐 車 場 5台完備
   
ア ク セ ス 新船橋駅~徒歩0分 / 東海神駅~徒歩7分
   船橋駅~徒歩15分