しらかば動物病院

一頭ごとに違う体質と症状を把握する。
 症状毎に適した診察(問診,検査,触診)を行う。
  生活環境にあわせた、適切な治療を施す。

047-425-2148

047-425-2148

【火~土】 9:00~12:00 16:00~19:00【日・祝】 9:00~12:00

【休診日】月曜 【夜間救急】可能(条件あり)【千葉県船橋市】新船橋駅すぐ 駐車場完備

肺炎

【症状】

肺と気管支が炎症をおこす病気ですが、いろいろな原因で起こります。また、症状も一定してません。一般に他の呼吸器病と同様に咳が出ることが多く、そのため吐き気を誘発することもあります。ぜーぜーという呼吸音がしたり、呼吸困難のため口をあけて呼吸したりするようになります。また、呼吸は速く浅くなることもあります。

呼吸困難や発熱を起こすため、運動を嫌がったり食欲不振になることもあります。前足を突っ張った姿勢をとり、呼吸がら楽になるような動作をします。病状が重くなると、体を横にして休むことができなくなることもあります。

【原因】

よくあるのがジステンパーウイルスや、ケンネルコフの原因となるパラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、あるいは細菌、真菌などの感染によるものが多いようです。また、きせいちゅうの感染が原因のこともあります。

他の呼吸器病のように、刺激性のガスや薬品を吸い込んで肺炎を起こすことも考えられます。

【治療】

診断にはレントゲンや聴診などが有効ですが、全身の検査が必要になることもあります。治療には感染などを抑えるための内科的療法を行ないます。ネブライザーといった吸引療法や、酸素吸入が必要な場合もあります。

肺水腫

【症状】

肺水腫は、その子がすでにかかっている他の病気の影響でおこることの多い病気なので、もとの病気の症状によって、全身にあらわれる変化も違ってきます。軽い時は、運動したり興奮した時に咳が出たり、軽い呼吸困難があらわれたりする程度です。

重くなるとぜーぜーという呼吸をしたり、呼吸が浅く速くなったりします。咳もひどくなり、一晩中とまらないこともあります。また、よだれを流し、口をあけたまま呼吸をするような呼吸困難の症状を起こすようになります。

【原因】

細気管支や肺胞といったところに水がたまって肺がむくんだ状態になる病気とイメージしていただいたほうが良いでしょう。水によって肺での酸素と二酸化炭素の交換が困難になり、呼吸困難となります。原因としては刺激性のガスや薬品を吸い込んだとき、薬品中毒をおこした場合などがあります。

心臓の病気などで肺水腫をおこすことも多々あります。わんちゃんでは小型犬でよく見られる僧帽弁閉鎖不全症の場合に、このような症状がでることが知られています。

【治療】

肺にたまった水を除去するため利尿薬などによる内科的治療を行ないます。呼吸困難がひどければ酸素吸入が必要な場合もあります。それと同時に原因となる病気の治療を行なうことが必要です。急性の肺水腫では呼吸困難から死亡するパターンが多いと考えられるので症状が見られたら早めに治療をする必要があります。

しらかば動物病院

初 診 随時
   
再 診 随時
   
外科手術 精密検査の上、院内手術室にて院長執刀
   
電 話 047-425-2148047-425-2148
   
住 所 千葉県船橋市本町7-27-15(地図
   
院長
診 療 犬、猫、外科手術、入院、一般外来、予防接種、不妊手術、健康相談、定期検診、
  総合検診(ドッグ)、 ペットホテル、パピー教室・しつけ相談会、歯石除去、往診
   
健康保険 アニコム アイペット
   
年間来院数 約 4,500 組
   
しつけ教室 犬のしつけ専門インストラクター 及び 獣医師 監督
   
スタッフ 獣医師2名 / 獣看護師4名 / 犬のしつけ専門インストラクター
   
診 療 時 間 【火~土】 9:00~12:00 16:00~19:00 / 【 日・祝 】 9:00~12:00
  【 休診日 】月曜 / 【夜間救急】可能(条件あり)
   
駐 車 場 5台完備
   
ア ク セ ス 新船橋駅~徒歩0分 / 東海神駅~徒歩7分
   船橋駅~徒歩15分